無題ドキュメント

ご注文の流れ

ご注文の流れ

アーガイルディッシュ グレヴィレア・アダルト

2,240円(税込2,464円)

サイズ
購入数

【必ずご確認ください】

●商品についてご不明な点が御座いましたら、必ず事前にお電話・メールにてお問い合わせください。

●全ての商品を実店舗にて展示をしております。全て新品商品となりますが、一部の商品は試着商品も御座います。ご了承の上ご購入をお願い致します。

●ネットからご購入頂いても、その時点ではご注文確定とはなりません。実店舗にて並行販売を行っている為に、在庫の相違が生じる場合が御座います。
受注確認メールをお送りさせて頂いた段階で注文確定となります。

●お取寄せ商品は、ご注文を頂きましてもメーカー在庫切れの場合も御座います。(※お取寄せ不可の場合は、後日ご連絡をさせて頂きます。)

●サイズ等でご不明な場合は、必ずお電話・メールにてお問い合わせを頂ますようお願い致します。各商品ページ記載のサイズ表は、実物と異なる場合も御座います。

●返品について
こちらを必ずご確認くださいませ。
http://chien-de-chouchou.com/?mode=sk#cancel

「必ずご確認ください」に同意します



●BUDDYBELT交換サービスのご案内
バディーベルト交換保証サービス

Argyle Dishes(アーガイルディッシュ)

グレヴィレア・アダルト

成犬用総合栄養食 (認定オーガニック)

アーガイルディッシュ

「おいしさを、安心を」、これからの世代に伝えるため。
アーガイルディッシュは生まれました

アーガイルディッシュ

特 長 - Features and Benefits

1.品質と安全性の高いオーストラリア原料を凝縮

大自然に恵まれたオーストラリアから確かな品質の原材料を愛犬のために選びました。ブッシュタッカー(伝統ある食材)からは高たんぱくの赤身であるエミュー肉を、オーストラリア東部からニュージーランドにかけての豊かな漁場からは良質なたんぱく質源である鮮魚を、大地からはできるだけのオーガニック野菜を組み合わせました。毎日おいしく安心して食べてもらいたい気持ちが詰まっています。

脂肪分を調整しながら質の高いタンパク質をとるために、グレヴィレア・アダルトはエミュー肉を使用しています。エミュー肉は高タンパク低コレステロールで、脂肪分は牛の3〜4分の1。皮下脂肪と肉の部分ははっきりと分離しているため、脂肪部分はエミューオイルとしてエッセンシャルオイルのベースや食用として活用されています。肉質部分は赤身でにおいもなく、人用の食材としてオーストラリアから世界中に輸出されています。

魚は犬にとって貴重なたんぱく質のひとつです。オーストラリア東部〜ニュージーランドの豊かな漁場からの2種類の魚を使用しています。オーストラリアンマッカレル(サワラ)は美味な白身魚でオーストラリアではフィッシュ&チップスの素材として使われています。テイラー(アミキリ)も同様に良質な白身魚で、オーストラリアの食卓に並ぶ、釣り人にも人気の魚です。魚は成長ホルモン剤や抗生物質などの心配のない優れたたんぱく質源です。他のたんぱく質源にアレルギーを持つ愛犬にもおすすめです。 どちらも、皮、尾ひれ、大骨を取り除いたものを使用しています。

2. 低アレルゲン仕様 Grain Free & Organic

毎日の主食となる大切なフードです。低アレルゲンたんぱく素材に認定オーガニック素材を合わせ、さらに穀物のグルテンにアレルギーを持つ愛犬のためにノーグレイン(穀物不使用)で構成しました。

3. 栄養の宝庫「チアシード」を配合〜

柔らかい殻に包まれた小さな粒には豊富な栄養素が凝縮されており、植物の中ではオメガ3脂肪酸を最も多く含み、特徴的な2種類の繊維質をはじめアミノ酸、糖質なども含んでいます。オーガニック認定を取得しています。

シソ科の植物であるチアの種子には人にも犬や猫にも大切な栄養がぎっしり詰まっています。アレルギーと密接な関係にあるオメガ3脂肪酸を植物の中で最も多く含有し、同時にオメガ6脂肪酸も含んでいます。また、うれしいことに数種類のフラボノイドによりα-リノレン酸の酸化を防いでいると考えられています。アレルゲンとなるグルテンを含まず、腸の健康維持をサポートする食物繊維が豊富です。

4. M.L.M 〜アーガイルディッシュ コンセプト
  オリジナルの栄養バランスで健康を応援します。

MLMとは、MIDDLEたんぱく LOW脂肪 MIDDLEカロリーを表しています。 愛犬たちの健康に必要な栄養素は多すぎても少なすぎても良くありません。栄養学の研究者とともに設計したアーガイルディッシュオリジナル日本仕様のフードです。

エミューとは - About Emu

エミュー(dromaius novaebollandie)は走鳥類(ratite)に属し、いわゆる飛ばない鳥です。同じグループにダチョウやニュージーランドのキウイ(Kiwi)がいます。成鳥の背丈は160−180センチほど、ちょうど人間の大人くらいで、体重は35−55キロほどになり、ダチョウを一回り小さくした容姿をしています。

エミューはオーストラリア原産で、現在は野生のエミューは国によって保護されています。(例外として原住民であるアボリジニNgangganawili aboriginal communityは捕獲は認められています)。商用に利用されるエミューファーミングは1976年に西オーストラリアから始められ、現在はオーストラリア各地で商用繁殖されています。エミューはアロマセラピーのベースオイル、皮革製品、もちろん肉製品などに利用されています。

エミュー肉の特長〜

エミュー肉は高タンパク、低脂肪、低カロリーであり、脂肪率は牛の1/3の約4%ほど、カロリーはベニソン鹿(189Kcal)、バイソン(237Kcal)、牛(255Kcal)、七面鳥(235Kcal)と比較しても164Kcalと一番低く、鉄分が多いのも特徴です。

リーンビーフ(脂身の少ない牛肉)のような食感と風味です。
エミュー飼育は現在オーストラリア各地で行われています。FLOCKS(群れ)で生活する習性があり、その習性を利用し、生後12週間までの子供は、一度に400羽までの制限で飼育します。しかし最低1羽あたり5屬離好據璽垢魍諒櫃垢襪海箸義務付けられています。成長段階にあわせ群れの数を減らし、生後1年から1年半までは1ヘクタールに175羽までの割合で屋外柵の中で飼育されます。その後成鳥になった時点で18−24羽を1ヘクタール当たりで飼育します。エミューは牧草、果物、木の葉、小さな虫などを食べる雑食性で、砂漠でも生きられる繁殖力をもっており、野生のエミューは季節ごとに移動して生活します。一方飼育されているエミューは穀類を食べて成長します。安全なオーストラリア産のもののみを使用しています。
エミューの飼育基準についてはDepartment of Environment and Resouce Managementによって細かく定められ、飼育にもライセンスが必要で、製品肉もAQIS(オーストラリア検疫局)によって検査および認可を受けた上で輸出されるなど、多くのプロセスを経て商品化されます。
諸外国でBSEや鳥インフルエンザが発生以来、これまでオーストラリアのエミューにおいて発生したケースはありません。

原材料 - Active Ingredients

オーストラリアンマッカレル(サワラ)、テイラー(アミキリ)、エミュー肉、じゃがいも、さつまいも、タピオカ、キヌア、アマランサス、アルファルファ、スクアッシュ、チアシード、りんご、ブラックカラント、パセリ、亜麻仁油、ブルーベリー抽出物、乾燥昆布粉、ガーリック粉、ユッカ、クロレラ、ネトル、ダンデライオン(根)、カモミール、スイートフェンネル、ビタミン&キレートミネラル(*1)

(*1) ビタミン(ビタミンA、ビタミンB1、B6、B12、リボフラビン、ビオチン、ナイアシン、パントテン酸、塩化コリン、L-アスコルビン酸、ビタミンD3、葉酸)、β-カロテン、アミノ酸亜鉛キレート、アミノ酸鉄キレート、アミノ酸マンガンキレート、アミノ酸銅キレート、ヨウ素酸カルシウム、塩化カリウム、亜セレン酸ナトリウム、アミノ酸類(アルギニン、トリプトファン、リジン、L-カルニチン)、タウリン、イオウ、クエン酸

成分値 - Ingredient Analysis

粗タンパク質

粗脂肪
粗繊維
粗灰分
水分
カルシウム
リン
リノール酸

オメガ6脂肪酸

オメガ3脂肪酸

28% 以上

  9% 以上
5% 以下
7% 以下
11% 以下
1.2%以上
1%以上
2%以上

2.5%以上
0.5%以上

 代謝エネルギー(ME)

    340Kcal/100g

粒形状 - Shape & Size

画像は実物大ではありません。

実際のサイズは定規の目盛りをご参照ください。

与え方 - Description & Dosage

グレヴィレア・アダルト
体重 Kg 給与量 g
 〜2   〜62
2〜3 62〜84
3〜4 84〜105
4〜5 105〜124
5〜6 124〜142
6〜8 142〜176
8〜10 176〜208
10〜15 208〜282
15〜20 282〜350
20〜30 350〜475
30〜40 475〜589
■まずはじめに

1日量を2回を目安に分けて与えて下さい。愛犬の年齢・体重・運動量・健康状態・季節により給与量は異なります。給与表を目安に加減して下さい。
■新鮮な水をいつでも飲めるようにご用意ください。
■初めて与える際に
従来のフードに少量ずつ混ぜて、1週間を目安に切り替えて下さい。消化管への負担をかけないようにするため、数日かけて切り替えるのがポイントです。

 
増減のポイント

給与量は消費するその日のカロリー(運動量)によって増減します。目安表は1日平均40分〜1時間の散歩を行い、通常は室内で過ごした場合です。加減のひとつの目安として筋肉質の犬の場合、見た目よりも体重が重いことがあり、体重より体型を見てフードを増減するのもよいでしょう。例としてウエストのくびれがなくなったら太りすぎ、肋骨が浮き出ているのはやせすぎです。毎日の観察で体型をチェックしながら、表の給与量から10%程度加減してください。アーガイル・ディッシュは、愛犬の最適な給与量は飼い主様しか分からないもの、と考えています。最初の3週間ほどは表の給与量で、その後は体型を観察しながら増減してください。

レビューはありません。